30代になると徐々に髪が細くハリのない髪になり枝毛に加えて抜け毛

縮毛矯正を繰り返した私


私は生まれつき天然パーマでかなりくるくるしているのでコンプレックスでした。

小学校の時は水泳があると濡れて髪がストレートになり乾いてくるとくるくるとパーマになるのでよく男子にからかわれて嫌な思いをしました。

そんな私は19歳のとき縮毛矯正に出会いました。

縮毛矯正はかけたところは永久にストレートパーマになるので初めてサラサラのストレートヘアになったときは人生が変わりまわりの目も変わったと実感しました。

でもストレートになった部分はそのままで伸びてくるところはまた癖が出てパーマになるので頻繁に縮毛矯正をかけないとへんな髪型になってしまいます。

20代では3ヶ月から半年に一回は縮毛矯正をしていました。

それにヘアカラーもしたい年頃だったのでよくカラーもしていましたが、縮毛矯正をしている髪はなかなかカラー剤が入っていかないらしく普通の人の倍の時間染めるのにかかりました。

そんなことの繰り返しをしていたので髪はパサパサになってしまいましたが、それでも縮毛矯正はやめられずいました。

30代になると徐々に髪の質が変わってきて細くハリのない髪になり、その頃から枝毛に加えて抜け毛が気になり始めるようになってきました。

クシで梳かすときにクシにたくさん髪がついてきたり、切れ毛が下に落ちることも増えてきました。

髪の長さもロングだったので排水口に詰まりやすく、毛が抜けている量が増えていくのも目に見えてわかり、それも余計ストレスになりました。

何気なく髪を手で触っていて梳いたら何本も抜けてびっくりしたこともありました。

髪に触る癖は昔からあるのですが髪が長くなりかきあげるときに抜け毛が気になったのは初めてでした。

35歳を過ぎてから身体のほうも新陳代謝が悪くなり食べる量は同じでも太ったりして、歳のせいかななんて思っていた矢先でした。頭皮にも影響するなんてショックです。

縮毛矯正もやめたほうがいいのかなと考え始め美容院で話してみたら、縮毛矯正はまっすぐのストレートになるので年齢を重ねて髪質も弱くなってくるとぺちゃんこになってあまりよくないかもと言われてしまいました。

トリートメントをすることで髪にコシが出でくるとも言われました。

抜け毛が増えてから生え際と分け目が薄くなってきたので女性でもハゲるのかと本気で心配しています。

今まで薬剤やアイロンを使いすぎた結果こんなに早く抜け毛や頭皮の衰えを感じているのかなと思うので、これからはスカルプケアの商品を使って抜け毛を減らすようにしていきたいと思っています。

私はコンビニ内で「つるぴか君」というあだ名を付けられていたのでした